鳥ハム作り

鳥ハム作りに挑戦しました。
失敗しても食べられる。バリエーションが豊富。
試行錯誤の結果辿りつく過程が面白い。手順は多いけれど簡単ということで、以前ネットで話題になったメニューです。

今回は中でも一番オーソドックスな作り方を試してみました。
レシピは以下の通りです。

①鶏肉にハチミツをぬり、塩をよくすり込み胡椒をふる
②真空パックのビニール袋に入れて、よく空気を抜く
③冷蔵庫で2日間おく
④かるく水洗いして、15%くらいの塩水に30分~1時間つける
⑤水気をふき取った後、沸騰した直径20センチの鍋で煮る
⑥再沸騰したら火を止め、そのまま6~8時間置く

タコ糸とかでハム型に形成するってこともできるそうなのですが、作っている最中は知らなかったので、今回は肉の形そのままのハムになりました。
出来上がりを見ると、単なる茹で鳥。

2日かけて大失敗かと、暗鬱な気分になりながら包丁を入れると、中は意外にいい感じでした。
焼かないと駄目かと思ったのですが、生でも食べられて美味い。

私の初挑戦を迷惑そうな視線で威嚇していた家族からも絶賛されました。
そのまま焼いても美味しそうだし、トマトソースかけても美味しいそう。
そもそも下味の段階でブラックペッパーとかハーブを入れてもいいかもしれない。

何より肉さえあれば作れるところがいい。
保存もきくし、お弁当にもいい。
再度チャレンジしてみようと思います。

ポテトサラダ

ポテトサラダがなんとなく食べたくなったのと、ジャガイモとニンジンが余っていたので、久しぶりにポテトサラダを作ってみることにしました。
必要なものは……とタマネギとキュウリ、ちょっとお高いハムも買ってチャレンジしてみました。

数年ぶりにポテトサラダを作って、ジャガイモとニンジンは茹でるところまではかなりうまくいったのですが、タマネギはどうするんだっけ?と悩んでしまい、確か実家の母親が作るポテトサラダは少しだけ辛かった気がするので、水にさらして作ってみました。
するとタマネギが辛すぎて、食べれたものじゃないポテトサラダができてしまいました。
(ガーン)
なんとか加熱して食べきりましたが、ちゃんとレシピを見て作ればよかったです。
後日母親に電話してみると、さらし具合が足りなかったのではないかという結論になりました。
私も母親の味を再現してみたかったのになあ。
母親が作るポテトサラダは絶妙な味で、さすがおふくろの味というか、魂のこもっている味がするような気がします。
私が作ってものは味気なかったなあと反省中です。
恋人に食べさせたら、辛すぎて涙を流していたので、母親みたいな美味しい味のものをいつか作ってあげたいです。
まあ、調理方法を伝授してもらったので次回作るときは完璧においしいものができるような気もします。
他の料理もまちがえないように丁寧に作るのを今年の目標にします!
次は定番だけれど肉じゃがとかですかね。
ジャガイモもタマネギもニンジンも実家から送られてきた分はまだまだ余っているのでちょうどいいと思います。
ジャガイモ料理ばっかりじゃ飽きてしまいますかね?

»