料理・食材

入り口にあるメタセコイアの木に、クリスマスツリーをしてきたが、今年は台風でツリーの芯にしていた取り付けの材木が折れ取り付けが難しくどうするか課題になっていた。

同時に料理のメニューも、なぜか紛糾中である。

運営委員会で協議した結果、校舎の周辺の壁、窓枠、屋根に、イルミネーションを取り付ける。
秘密の入り口にある樹木にも取り付ける。取り付け作業も決定。

合併し、今後の自治活動は31の自治振興区として活動し、町から一定の補助金が支給されます。
カラオケセットを購入した。
お披露目はまつりでする。

費用は運営委員会とコミニュティ委員会で折半する。
いろいろと決定してよかった。

後は、パーティのメニューの話し合いである。
チキンだのターキーだの、いわゆる欧米風な料理を主張する若手と、ケーキを中心とした従来型の古株連中。
まったく、どうでも良い内容ではある。

どちらもやれば良いのである、予算の範囲内の中で。
特に民主主義は、シンプルな話がややこしくなって、馴染めないのは私だけだろうか。
それから日本独特の年功序列のパワーが、企画を台無しにすることもあるのだ。

老害という言葉もあるが、概ね間違っていないのかもしれない。
若者が牽引するなら、後ろで舵取りを古株がやることで、船は進むのである。
古い船では現代のスピードには追いついて行けないのだから。

横浜食い倒れ旅行

東京で美容院をやっている友達が1周年パーティーを開くということで、お祝いに行ってきました。
共通の友達と2人で行ったのですが、ついでに横浜あたりを観光しようかという話になりました。
初めての横浜、密かに楽しみにして行きました。
新幹線で東京に向かい、まずは友達の美容院へ。
小さくてかわいい世田谷線に乗ってのんびり行きました。
美容院に着く頃にはもうパーティーは始まっていて、小さなお店がお客さんでギュウギュウ。
立食形式のアットホームなパーティーで、とても和やかな雰囲気で、あっという間に時間が過ぎていきました。
その日はホテルに泊まり、次の日は待ちに待った横浜観光です。
まずは、カップヌードルミュージアムへ。友達がテレビで見たらしく、とても行きたがっていたのです。
館内を見学したあと、オリジナルカップヌードルを作れるというので挑戦してみました。
器に絵を書いて、好きな具を入れて、パッキングして完成です。
とても貴重な体験をしました。
そのあとは、横浜赤レンガ倉庫に行きました。
ノスタルジックな街並みが素敵で、何枚も写真を撮ってしまいました。
ちょうどお昼時だったので、人気のお店「bills」でランチ。
さすがは人気店、大行列ができていて、30分程並んでようやく入店できました。
パスタとパンケーキを食べたのですが、もうほっぺたが落ちそうな位おいしくて大満足でした。
赤レンガ倉庫にはたくさんお店があって、一日中いても飽きない位でしたが、次の予定があったのでちょっと買い物して移動です。

お次は、横浜中華街です。
なんだか食べてばかりな気もしますが、せっかくの横浜、やっぱり中華街は押さえておかなければなりません。
華正樓のでっかい肉まんを食し、北京ダッククレープを食らい、あらかじめ予約しておいた龍城飯店で食事をしました。
もう、お腹いっぱいで胃が破裂しそうでした。
後半は食いしん坊と化してしまった東京、横浜プチ旅行。
スケジュールがぎゅうぎゅうだったのでバタバタしてしまいましたが、とっても充実した旅行でした。
中華街に関してはまだまだ行きたいお店がたくさんあるので、今度は3泊4日くらいでゆっくり行きたいと思います。

食肉卸
パーティ用食材は食肉卸会社から
豊富な旨みと手頃な値段で最高品質の肉が届けられます。お試しはコチラ。
meat-kimura.co.jp/

«
»