ビジネスマナー

名刺は、起業にあったって必要なものの上位。
起業のために3ヶ月準備をしてきたが、改めて名刺の重要性を実感した。

会社勤めの間は、それほどまでには感じなかったが実はとても重要なことだとわかった。
起業のための準備をする過程でも、相手に対して自分を信用に値する人間と認めてもらうためには、しっかりした身なりと名刺は第一印象をかなり左右する。

事務所を借りる、事業資金の借り入れの相談をする、仕入先を確保するなどすべてにおいて、相手の存在することなのだ。いまさらそんなことを言ってるようで起業できるのかとのお叱りを受けそうだが、そんなこと当たり前すぎて少しも感じていなかった。
幸いにも、サラリーマン時代の人脈でほとんどがカバーできているので事なきを得たが、ゼロからだとかなり大変だったろうと思う。

起業はカンタン、継続が大変だなんてわかったようなことをいってきたが、今は少々反省している。
もう一度かぶとの緒を引き締めてことにあたらなければ、企業はできても継続でたちどころに躓いてしまいそうである。
勤めている間は上司や経営者の悪い面ばかり見ていたが、彼らもきっと毎日大変な思いをしながら会社を回しているのだろう。

少々、疲れてきているので、どこかで趣味を満喫出来る場所で、思い切り羽を伸ばしたいものである。

ビジネスツール

SOHOやネットショップといった無店舗ビジネスなどの小資本ビジネスが定着し、比較的簡単に起業ができるようになりました。

まだ広く知られてはいませんが、数年前に解禁されたLLP(limited liability partnership)有限責任事業組合や、企業組合、ワーカーズ(労働協同組合)など、ビジネスの形は多様にあります。
それぞれの特徴を知り、自分が起業しようとするビジネスは、どのようなスタイルが向いているのか検討する必要があります。

起業するためのプロセスには、起業を決意し業種を決定した後、現状調査が必要です。
外部環境や市場の環境を良く知り、自分の強みや弱みを、知っておく必要があります。
そこにビジネスチャンスがあることもあります。

成功する経営者の資質の中には、チャレンジ精神やリーダーシップ・行動力と言ったものに加え、「身内の理解を得られている」という内容が含まれています。
まずは自分の身内に自分の味方になってもらえるかどうかが、今後の先行きを占うことになるのかもしれません。

後は避けて通れないのが、ウェブ戦略ではないでしょうか。
小資本を前提としている起業においては、資金を十分に確保することは非常に困難です。
自己資金の範囲内で、しかも低コストがウェブ戦略のメリットでもありますから、運用したいものです。

新入社員も頑張れ!
変形労働時間制にも対応の就業管理
残業申請、及び残業命令機能の活用でサービス残業防止
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»