WEBツール

商品購入の選択肢として最近ではインターネット上で購入する機会が多くなってきている方も多いのでしょうか?

実際に商品を手にとって確かめて納得の上で購入という訳にはいきませんが、手にすることなく購入して問題のないもの、例えば書籍、DVD、CD、ゲームソフト等といったアイテムでしょうか。

最近では食品類のネット通販も盛んで全国のグルメ達が目を光らせているといっても過言ではないでしょう。
そんな通販競争に勝ち抜くための重要な要素としてスムーズな買い物、ショッピングカートの使いやすさではないでしょうか。

使いやすいショッピングカートというのは、決して、ネットショップ側の都合のことを指しているのではありません。
あくまでもユーザー目線で、使った場合に、ユーザーが直感的に操作出来たり、トラブルやエラーの頻発などの信頼性やメンテナンス等を鑑みることです。

大手通販ショップに対抗するには、小さなネットショップは、販売商品に深い知識と経験があるなどの優位性を持たなければ、数を売る競争や価格の安値合戦では、太刀打ちできません。
小さなお店だから出来ることはたくさんあるはずです。

駄菓子屋さんが、なぜ、長く商売をしていけるかを考えると、そこにヒントが埋まっているはずです。

ネット通販のトラブル

私は通販で買い物をするのが好きで洋服をはじめとして、日用品や電化製品、化粧品、本、DVD,CDなど食料品以外の物はほとんど通販ショップを通して買い物をしています。

普段は楽天やアマゾン、zozotownを中心に買い物をしています。
通販はお店をハシゴしなくても色々な物を検索するだけで見つけることができ、購入もクレジットカードで出来るので本当に手軽で好きです。
特に楽天はポイント還元率がいいので一番使用しています。
洋服や本、DVD等趣味の物を購入して貯まったポイントを使って日用品や化粧品などの必需品を購入することが出来るので重宝しています。
また最近はコンビニエンスストアなどで買い物をしても楽天ポイントが貯まるのでとてもいいです。
最近はショップ等でウィンドウショッピングをしていい物を発見したら一度家に持ち帰って通販ショップで価格の比較をしてから購入をするようになりました。
外のお店で買い物をするより通販ショップの方がお安い場合が多いので。
これからも通販ショップは使い続けていきたいと思っています。

友人が遭遇した話ですが、楽天でとあるショップで腕時計を購入したところ、購入した物と全く違う色の商品が届いた事があったみたいです。
届いてすぐに店舗に連絡をしたら「注文した色はもう在庫が無かったので他の色を発送した。」と返答されたそう。
その色ならばいらないので返品したいと伝えたら少し怒り気味で商品を送り返せと言われ着払いで返送したところ受け取り拒否をされてしまい、店舗に電話をかけても居留守を使われて電話連絡が取れない状態が続いたとのこと。
しかもその友人は腕時計の在庫数が最後の一個だったので急いで注文をしたそうなんですが、受け取り拒否をしているにもかかわらず在庫数が1個に戻っていたと言います。
しかも違う色なのにその友人が頼んだ色も。
最終的には楽天のお客様サポートに連絡をして解決したそうなんですが、大手の楽天でそのような店舗があることに驚きました。

«
»